長居カイロプラクティック整体院
  1. ホーム
  2. お役立ち情報
  3. ぎっくり腰応急処置

ぎっくり腰、首の寝違えの対処法

ぎっくり腰突然起こる『ぎっくり腰

『なんとかして!』と、はうように治療にいかれると思います。
治療院に行くのも、ひとつの方法。
でも、ムリに、治療しに出かけるよりも、家で安静にするのも一つの選択肢。

そこで、ぎっくり腰の応急処置。

ぎっくり腰だけでなく、首の寝違えにも使えますよ。

ぎっくり腰の応急処置

1.安静にする

ぎっくり腰になったら、2、3日は決してムリをしないこと。
ラクな体勢で安静。

できる限りムリをしない。
またコルセットなども、利用すべし!

2.冷やすこと

氷とお水をビニール袋に入れて痛いところに直接当てる
(約15分間)

*アイスノンを当てる場合、間にタオル一枚入れてください。
20分以上当てないで下さい←これ、重要
*痛みのひどい間は、2、3時間に1回ほどの割合で冷やす。

3.禁止事項

  • お風呂などで温める
  • 痛いところをマッサージする
  • ストレッチなどの運動をする
  • お酒を飲む

*やるとイタミが長引いてしまいます。
くれぐれもご注意を!

日常のケアについて

ぎっくり腰による筋肉繊維のダメージ

  1. 損傷した繊維
    繊維の走行が乱れて修復
    ⇒強度は弱く再発しやすい
  2. ノーマルな繊維
    繊維の走行がきれいで強度も強い

◎◎◎◎◎

ぎっくり腰を起こすと、筋肉の繊維を傷めることが多いです。

一度痛めた筋肉の線維は修復しても、以前と比べ強度が弱く、再発しやすくなります。
(ぎっくり腰はクセになると言われる理由です)

再発防止のため、日常生活の悪い習慣を改善し、定期的に体のケアをすることをオススメします。

今なら、初回特別割引実施中

大阪府大阪市住吉区長居3-13-8-1階
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811(予約制)
<受付>
9:00~12:00、15:00~20:00
水曜定休
(詳しくは、場所&料金へ)

追伸

突然やってくるイメージが強い「ぎっくり腰」
でも、それ以前に要因が蓄積しているんですよ。

日常生活の中で、腰に負担のかかりる姿勢や行動の繰り返しにより、骨盤のゆがみなどがひどくなる。
そして、ある日、限界を超える⇒ぎっくり腰に

だから、負担がかからないように、限界を超える前に、体のケアをするのが大切なんですよ。

お役立ち情報に戻る

ホームに戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

肩こり 腰痛しびれ頭痛
めまい膝痛 顎関節症
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8
受付;9時~12時、15時~20時
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る