1. ホーム
  2. 症状別
  3. 生理痛チェック
  4. 生理痛の原因

体のゆがみと生理痛との関係は?

生理痛の原因

ひどい生理痛は、月経困難症といい、原因は2つ。

  • 器質的月経困難症
    病気が原因(子宮筋腫や子宮内膜症など)
  • 機能的月経困難症
    原因となる病気がない
    体質や生活習慣、ストレス等が原因

器質的月経困難症は、婦人科で治療を受けてください。

機能的月経困難症の原因は、

  • 子宮や卵巣が未成熟
  • プロスタグランディンの分泌量が多い
  • ストレス
  • 冷え
  • 骨盤のゆがみ など
生理痛

子宮や卵巣が未成熟

子宮などが未成熟なため、経血が流れにくい(経血の通り道が狭い)
だから、子宮を強く収縮させ、押し出す必要がある。

プロスタグランディンの分泌量が多い

プロスタグランディンとはホルモンの名前。
子宮を収縮させて経血の排出を促します。
このホルモンの分泌量が多いと、子宮の収縮が強くなり、強い痛みを起こす。
若い人に多い。

ストレス

ストレスは自律神経のバランスを崩しやすい。
結果、血行も悪くなり、うっ血が起こりやすい。

冷え

冷えると骨盤の中の血液循環が悪くなり、うっ血が起こる。
そして、生理のときに経血が流れにくくなる。

結果、押し出す力を強くするため、子宮が強く収縮。

骨盤のゆがみ

子宮は骨盤の中にある臓器。
だから、骨盤にゆがみがあると圧迫を受けやすい。

結果、血液循環が悪くなったり、ホルモンや神経の働きが悪くなる。

生理痛と骨盤のゆがみ
骨盤と子宮

骨盤は、内臓や全身の骨格、筋肉を支えている。
同時に、下半身に向かう血管や神経を守る重要な部分。

だから、骨盤にゆがむと、
骨格に影響が…。
内臓の位置に影響が…。
血管や神経を圧迫し、骨盤内の血液の流れや、生殖器の働きにも影響が…。

生理痛とゆがみ

生理痛と骨盤
生理痛と骨盤

子宮は骨盤の中におさまっている臓器。

だから、骨盤のゆがみが大きいと、子宮などが圧迫され、うっ血が起こり痛みを引き起こします。
そのほか、子宮位置の違いや骨盤神経の過敏などがあります。

このようなゆがみは、月経の正常な働きを妨げることも。

骨格構造に原因がある場合、下腹部痛が多く、月経の始まりと同時におこりやすい。
これらは、骨盤や腰の骨のバランスの崩れとかかわりが深いです。

ホルモン、血管や神経の働きをコントロ-ルしているのが自律神経。
この自律神経は、背骨の中を通っています。

カイロプラクティック的考えでは、背骨に異常が生じると、自律神経にも影響を与える。

生理に関して、腰や仙骨から出ている神経が関係が深い。
だから、腰や仙骨(骨盤)へのアプローチが重要。

ひどい生理痛でお悩みの場合、内科的に問題のない生理痛は、骨盤を中心とした、骨格調整をお試しください。

しんどさに個人差が大きいだけに、なかなか理解してもらえず、つらい思いをしていませんか?
一日も早く『痛いのが当たり前』から早く抜け出しましょう。

「生理痛チェック」に戻る

症状別に戻る

ホームに戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

肩こり 腰痛しびれ頭痛
めまい膝痛 顎関節症
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8
受付;9時~12時、15時~20時
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る