1. ホーム
  2. 症状別
  3. 顎関節症
  4. 原因や症状
  5. 顎関節症とゆがみ
  6. あごの仕組み

あごの仕組みについて

あごの仕組み

顎関節の構造

あごの構造
あごの構造

耳の穴の少し前の部分が顎関節。
手を当てて、口をパクパクさせると、動いているのがわかる部分。

側頭骨と下顎骨の間には、関節円板と呼ばれるクッションがあります。
このクッションが、骨と骨が直接こすれあうのを防いでいます。

顎関節の動き

顎関節は、関節円板によって、スムーズに動けるんですよ。
それは、あごを動かす時の、顎関節の面白い動きに関係しています。

あごを開けるときの動きは面白く•••

正常な場合は、

口を開けるとき、下顎頭が回転して下顎窩から外れて関節円板と一緒に前に移動。

口を閉じときは、下顎頭が関節円板と一緒に後ろに移動して、下顎窩の中に収まる。

関節円板は、両方の骨に強い力がかかるのを分散させる、クッションの役割をする。

口を開けるときの動き口を開けるときの動き
開口時のあごの動き

ようするに
下顎頭は、回転しながら、前に移動する(2つの動きを同時に行う!)
関節円板は、下顎頭と一緒に前に移動する。

食べ物を咀嚼するためには、下あごが、前後左右に揺れることが必要。
この複雑な動きにより、実現できているんですよ。

関節円板がずれた状態や、ひっかかった状態になると、口を開けにくかったり、開けるときに音がでたりします。

あごにかかわる筋肉

食べるとき、下あごは開閉と同時に、左右に動く。
こんな複雑な動きを助けているのが筋肉。

だから、筋肉に異常がおこると顎関節症に…

  • 口を開く筋肉(開口筋)
  • 口を閉じる筋肉(閉口筋)があります。

口を開く筋肉(開口筋)

口を開ける筋肉
口を開ける筋肉

口を開ける筋肉は、あごの下にある前頚筋群。
下あごは、前方だけでなく、左右、上下にも動く。

このような複雑な運動ができるのも、この前頚筋群のおかげ。

口を開けるには、大きな力は必要ナシ(オトガイ舌骨筋、顎舌骨筋)
でも、口を閉じる筋肉(咀嚼筋)が弛むことが必要なんですよ。

だから、咀嚼筋が弛まないと、前頚筋群がいくら頑張っても口を開けることはできない。

口を閉じる筋肉(閉口筋)

閉口筋は、主に食べ物をかむ運動=咀嚼に使われるため、咀嚼筋ともいう。

そしゃく筋口を閉じる筋肉
口を閉じる筋肉

咀嚼筋は、咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋の4種類あります。

  • 咬筋
    強くかむと頬の横の膨れる部分。
    歯を噛み合わせる
  • 側頭筋
    こめかみから耳の上あたり。
    下あごを引き上げるもっとも強い筋肉
  • 外側翼突筋
    下あごの内側の筋肉。
    下あごのすべての運動を助ける
  • 内側翼突筋
    下あごの内側の筋肉。
    下あごをあげ、また、下あごが前に移動するのを助ける。

顎関節症になり、痛むことが多いのが、咬筋と側頭筋です。

顎関節症と関連する筋肉

顎関節症と関連する筋肉
顎関節症と関連する筋肉

胸鎖乳突筋や僧帽筋は、直接下あごとは関係ない。
でも、頭や首を支える筋肉なので、影響がでることも…。

◎◎◎◎◎

悪い姿勢をとる。長時間同じ姿勢。

筋肉の疲労

痛みやこりが強くなる

タイプ別・顎関節症

筋肉の障害

あごの筋肉
あごの筋肉

顎にかかわる筋肉が、緊張しすぎて硬くなった状態。
痛みがでたり、口が開きにくくなったりします。

一番多いタイプ。
歯ぎしりや食いしばりなどで悪化。

関節包・じん帯の障害

顎関節がねんざした状態。
炎症が起こって、あごを動かすと痛い

関節円板の障害

関節円板が、本来位置からずれている状態。
あごを開けるとき「カクン」と音が鳴ったり、口を大きく開けにくくなります。

二番目に多いタイプ。

骨の変形による障害

関節部分の骨が変形した状態。
強い力が繰り返しかかったり、長時間かかった場合に変形しやすいです。

顎関節症に戻る

症状別に戻る

ホームに戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

肩こり 腰痛しびれ頭痛
めまい膝痛 顎関節症
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8
受付;9時~12時、15時~20時
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る