1. ホーム
  2. 症状別
  3. 膝痛
  4. 膝痛の種類

膝痛の種類について

外傷

スポーツで、半月板やじん帯を傷めることが多いです。
ひざを酷使する、激しいスポーツに多いです。

ひざ周辺の痛み
押すと痛い、膝周辺の疾患
  1. 膝蓋軟骨軟化症
  2. 内側側副じん帯損傷
  3. 内側半月板損傷
  4. ジャンパー膝
  5. 外側半月板損傷
  6. 外側側副じん帯損傷

半月板損傷(膝の中の故障)

膝に極端な負荷がかかったとき、半月板が損傷。
転倒や、急にひねったり、不自然な着地をしたときなどに痛める場合が多いです。

半月板は、ひざにかかる衝撃を吸収するクッションの役割や、ひざの動きをコントロールする重要な部分。
半月板やじん帯を痛めた状態は、ひざが不安定になり、衝撃を吸収しにくくなるんですよ。

*詳しくは、半月板損傷へ

前十字じん帯損傷(膝がグラつく痛み)

十字じん帯とは、膝の関節を支えているじん帯のこと。
踏ん張ったり、急な方向転換、ジャンプをしたとき、痛めがちです。

ひざがグラつく痛みです。

じん帯は、ひざの動きを安定させる役割。
半月板やじん帯を痛めた状態は、ひざが不安定になり、衝撃を吸収しにくくなるんですよ。

*詳しくは、十字じん帯損傷へ

側副じん帯損傷(膝がグラつく痛み)

側副じん帯は、膝の関節を支えているじん帯のこと。
何らかの力が加わって、じん帯を損傷。

損傷よって、膝の内側や外側に痛みが出る。

じん帯は、ひざの動きを安定させる役割。
半月板やじん帯を痛めた状態は、ひざが不安定になり、衝撃を吸収しにくくなるんですよ。

*詳しくは、側副じん帯損傷

ガ足炎(膝の内側部分の痛み)

膝の内側部分の痛みを『ガ足炎』といいます。
脚部に、たえず強い力がかかったときに起こりがちです

*詳しくは、ガ足炎

ジャンパー膝

ジャンプやランニングは、着地時の膝への負担が大。

膝のお皿の下などがよく痛くなります。

*詳しくは、ジャンパー膝

腸脛じん帯炎

膝の上、太もも外側の痛み。
使いすぎ症候群の一つ

*詳しくは、腸脛じん帯炎

オスグッドシュラッター病

お皿の下の出っ張りの痛み。

成長痛で、骨の成長に、筋肉や腱の成長が追いついていない状態です。
成長期の子供に多発。

*詳しくは、オスグッドシュラッター病

膝蓋軟骨軟化症

ひざに力が入らないカンジ。
膝蓋骨と大腿骨の間にある関節軟骨が軟化し、変形する病気。

*詳しくは、膝蓋軟骨軟化症

大腿四頭筋拘縮症

太ももの筋肉硬直によるひざの痛み。

正座をしようとすると痛い。
ストレッチすると痛いなど。

関節ねずみ

正式には、「関節遊離体」という。
関節の中ではがれた軟骨や骨のかけらが関節の中を動き回る病気。
強い痛みがでたり、膝の動きが悪くなることも。
手術でかけらを除去。

変形性膝関節症

膝関節の軟骨がすり減って、ひざの関節が変形することで、痛みや炎症を起こす。
*高齢者に多いです。

何年もかけて、徐々に進行。

初めは、動き始め、膝がこわばったり、動かしにくい、鈍い痛みを感じる。
休憩すると、痛みは治まる。

徐々に、休んでも、痛みは治まらない。
しゃがみ込む動作や階段の昇り降りが困難に。

最終的には、歩くことも困難に。
手術することが多いです。

*詳しくは、変形性膝関節症へ

慢性関節リウマチ

女性患者(約7割)が多い関節リウマチ。
発症は30~50歳代がピーク。

関節の痛みや脹れから始まり、関節の周囲の骨が変形、破壊される怖い病気。
ひざだけでなく、全身の問題です。

本来、体を守る免疫が、間違って自分の体を攻撃。
症状はゆっくり進みますが、早めの治療が大切ですよ。
自己免疫疾患のため、リウマチ科できちんと治療を受けてください。

一度破壊された関節を元に戻すことはできません。
骨が破壊される前に手を打つのが一番重要!

=チェックポイント=

  1. 朝、手のこわばりが1時間以上続く
  2. 3ヶ所の関節に脹れがある
  3. 手の関節に脹れがある
  4. 左右対称な場所の関節に脹れあり
  5. 手のX線写真で異常あり
  6. 皮下結節がある
  7. 血液検査でリウマチ反応が陽性

⇒4項目以上当てはまる場合は今すぐ病院へ
(1~4は6週間以上続く場合)

その他(膝以外が原因)

痛みのでている場所は『膝』
でも、原因は足首、股関節、骨盤にある場合。

膝関節の構造
膝関節は、大腿骨と脛骨からできている。

膝自身に問題がなく、他の部分が痛みの原因になることも多い。
この場合、ひざ自身のみをみても痛みの改善にはつながらない。
体全体のバランスを見ていくことが大切です。
参考;膝痛とゆがみ膝の仕組み

  • 足関節の異常からくる
  • 股関節の異常からくる
  • 腰痛からくる

意外に多いですよ。

「検査をしたが異常なし。でも痛い」場合、 膝以外が原因の可能性が高いです。
心当たりのある方は、一度カイロプラクティックをお試しください。

足関節の異常からくる

ひざの構成部分である脛骨の下側が足関節にかかわりがある。
このため、足関節の異常が、ひざの異常にもつながる。

また、足関節の異常により、体重のかけ方、(かばった)歩き方が問題の場合も…

股関節の異常からくる

ひざの構成部分である大腿骨の上側が股関節にかかわりがある。
このため、股関節の異常が、ひざの異常にもつながる。

股関節の動きが悪かったり、歩き方に問題があると、ひざに影響が…
*股関節は骨盤への影響も大きい→腰痛に関係

腰痛からくる

腰が痛いと、体重のかけ方、(かばった)歩き方に問題がおこり、ひざに影響が…

膝痛に戻る

症状別に戻る

ホームに戻る

元気でイキイキ、体ラクラク♪のお手伝い
ご予約やお問い合わせはお気軽に

肩こり 腰痛しびれ頭痛
めまい膝痛 顎関節症
長居カイロプラクティック整体院
Tel:06-6699-9811Tel:06-6699-9811
大阪府大阪市住吉区長居3-13-8
受付;9時~12時、15時~20時
定休日;水曜日
初回割引はコチラ

▲ページ上部に戻る